大阪市立大学 情報基盤センター

【11月25日(土)提供開始】 大阪市立大学個人ID(OCUID)導入について

平素は情報基盤システムの運営にご協力頂きありがとうございます。

平成22年の全学認証システム導入以来、本学では全学認証で使用する「全学認証システム利用者ID」について、教職員は職員番号を使用してきました。職員番号はその運用上1個人で同時に複数割り当てられる場合もあり、現在全学認証を通じた各システムへのログインではそれぞれを別アカウントとして使用しています。

 

しかしながら、今後教職員に対し個人ごとにユニークな ID が求められるシステムの運用が増加すると想定されることから、全学認証システムにおいて個人識別可能なユニーク ID を新たに付与し、個人ごとの識別が必要となるシステムに対応させるため、平成29年11月25日(土)より大阪市立大学個人ID(名称:OCUID)の導入、運用を開始致します。

OCUIDの詳細については以下のリンクをご参照ください。

大阪市立大学個人ID(OCUID)について

■主な変更点及び影響

★ログイン時の動作が変わります。
職員番号でログインした時に以下の画面が表示されます。
ご自身のOCUIDをご確認していただき、[続行]をクリックしてください。

★パスワード変更画面がOCUIDでしかログインできなくなります。
ご自身のOCUIDをご確認の上、パスワードをご変更いただきますようにお願い致します。

以下、複数職員番号をお持ちの方への追加での影響

★11/25(土)以降OCUIDとすべての職員番号のパスワードが以下の物に統一されます。
“有効な職員番号のうち、採用年月日がもっとも古い職員番号のパスワード”

OCUID検索(有効な職員番号のうち、採用年月日がもっとも古い職員番号が表示されます)

※上記の職員番号のパスワードがご不明な場合はお手数ですが以下のボタンよりパスワード初期化のご申請をお願い致します。

パスワード初期化申請について

★上記職員番号以外の職員番号で杉本キャンパスで提供の事務系共用ファイルサーバをご利用の方は、25日(土)以降でパスワード更新が必要な場合がございます。

★ポータルサイトからのお知らせメールを登録されている場合、すべての職員番号に対してメールアドレスがコピーされます。その為、25日(土)以降のポータルサイトからのお知らせメールが複数届く場合がございます。

 

Return Top